小川クリニック

 

院長のコラム

趣味一考

 漢字おもしろ辞典
 
 
 
 
 

 

小川クリニック

小川クリニック

〒590-0157
大阪府堺市南区高尾2-448
TEL&FAX/072-271-0071

 

携帯サイトのQRコード

携帯サイトのQRコード

パソコンPCからは
堺市 小川クリニック 
検索
 で開いて下さい。

時間外でもクリニックより
院長の携帯に転送連絡が可能です。

 

HOME»  院長コラム»  院長の健康講話»  脂肪について

脂肪について

脂肪について

脂肪は油脂のことです。一般に液体[OIL] 固形 [FAT] です。

------- FATはまた英語で ”肥えた” という意味になります。

またい { うまい} と書きます。それだけに味付けには、効果的で大切ですがつい摂り過ぎやすいのです。


    味付けの話をしますと
 

    *--------- 血圧が上る原因

    *---------とり過ぎると糖尿病

    *---------脂質異常症[高脂血症]

    のもと

どれもメタボリックシンドロームの原因になります。
 

だから原則味付けは薄味がいいのです。大切なことです


動物性脂肪で飽和脂肪酸にあてはまります。
牛脂豚脂バターなど
 

植物性脂肪で不飽和脂肪酸にあてはまります。
サラダ油オリーブオイルなど

サフラワー・綿実油などのサラダ油はリノール酸が多く酸化されやすいのです。

オレイン酸が主なオリーブオイルは逆に酸化されにくくドレッシングや加熱料理にむいていていいのです。テーブル・オイルとしてよく目にしますね。

 

*オリーブオイル研究のページ 参照

料理番組で熱したフライパンにサラダ油を注いでいますが、決して健康に良くありません。
 

世界の長寿食でもある地中海料理は豊富な緑黄色野菜果物の他このオリーブオイルを使っているところにあります。

マーガリン人工の添加物の集合です。以前自然状態の大切さを述べましたが、バターの方が適量ならこちらの方がいいのです。

スーパーでマーガリンの箱の裏を見てください。その構成成分の多さに驚くでしょう。

バターは単純で生乳・食塩のみです。自然です。

またマーガリンにはトランス脂肪酸の問題もあります。

マーガリンの製造メーカーに洗剤石鹸の油脂メーカーがあるのも当然です。

脂 ( あぶら ) は温度が下がると白く固まります。------大切なポイント!
 

牛・豚はもともと人間の体温より高いのです。従ってその脂肪を体温の低い人間が摂ると人の体の中ではべとべとになりやすいのです。(固まる)

さかなは逆に人間の体温より低いのです。だから魚の油はさらさらで人の体内で動脈硬化の予防に寄与します。 (固まらない)

EPAn-3 α リノレイン酸で体内でDHAになり抗・動脈硬化にはたらく魚の油です。

人の体内で脂肪は大きく2つのかたちで存在します。

コレステロール と 中性脂肪です。

コレステロールコレは胆汁を意味しステロールはステロイドと同じステロイド核のことです。ホルモンや細胞の膜の成分になりますが、血管を流れる際、血管壁について動脈硬化をひきおこすことがあります。

しかし胆汁中に排泄が可能です。これがコレステロールの特徴です。
しかし腸管で又再吸収される故、便秘はよくありません

中性脂肪は字のごとく脂肪酸の酸性ではなくて脂肪酸があつまってできる中性の脂肪のことです。

 

内臓脂肪皮下脂肪の脂肪組織の構成成分になります。

残念なことに中性脂肪は一度体内に摂り入れられるとコレステロールとは違い

    排泄ルートはありません。

 

減らすにはエネルギーとして消費していくしかないのです。[運動]

だから肥満のもとになりますから肥満を予防するには摂りすぎに注意しましょう。

 

次回は病気の成り立ちについてです。

2015-10-28 00:00:00

院長の健康講話   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント